夏はなぜ毛穴が目立つの?

 

夏になって暑くなると、余計に毛穴が目立ってきてしまいませんか?
日本の夏は気温が高い上に、湿度も高いです。じっとして動かなくても、じんわりと汗が出てきてしまいます。
一年のうちで最も汗のかきやすい夏は、皮脂の分泌も一年で一番活発になります。l
そのため、毛穴も開きがちになってしまいます。

 

さらに、夏の暑さが加わって、肌がほてってしまうと代謝が悪くなってきます。
代謝が悪くなることで、古い角質がお肌に残ったままになってしまい、皮脂と混ざって毛穴に詰まってしまいます。
そのため、夏はポツポツ黒くなった毛穴が余計に目立って見えてしまいがちになってしまうのです。

 

夏は特に紫外線も強まります。紫外線を浴びた肌はたるみがちになります。
毛穴もほおっておくと、紫外線の影響でたるみ毛穴になってしまったり、さらにたるんだ毛穴がつながって、シワのようになってしまうこともあります。

 

毛穴は正しいケアをきちんとケアしましょう。

 

【正しい毛穴クレンジング】
毛穴が目立ってしまう原因のひとつに、古くなった角質が固くなり、毛穴の汚れを更に引き寄せていることがあります。正しいクレンジングや洗顔で、丁寧に毛穴をケアをしていきましょう。

 

クレンジングや洗顔は、皮脂が多く分泌する小鼻やTゾーンから先に洗顔します。
その後に頬の部分を洗います。クレンジングは長い時間をかけてしまうと肌に負担をかけてしまいます。約1分程度で、サッと済ませるのがコツです。

 

クレンジング後の洗い流しも注意が必要です。洗い流す水は、冷たすぎても暑すぎても良くありません。
冷たすぎると、毛穴が引き締まってしまって、汚れがきちんと落とすことができません。
また、暑すぎると肌に刺激を与えてしまったり、肌を守ってくれる皮脂までも洗い流してしまいます。
汚れをきちんと落としながら、肌にやさしく汚れを落とすには、体温と同じぐらいのぬるま湯で洗い流しましょう。

 

【夏も保湿をしましょう】
夏になると、汗をかいたり皮脂が出やすくなるので、保湿をしなくなってしまう方が多くなります。
ですが、皮脂が多い肌質の方にも乾燥肌の方がいらっしゃいます。乾燥肌を守るために、皮脂を多く出しているためです。
皮脂が多い、という方はインナードライの可能性があります。
皮脂の分泌をおさえて毛穴の開きを防ぐためにも、夏の暑い日でも、保湿はしっかりと行いましょう。

 

 

 

 

TOPへ